物理的セキュリティ

弊社では、お客様の大切な技術情報を守るべく、セキュリティには特に気を付けております。
会社入口は常に施錠され、分析室にはオートロックが掛けられ第三者の侵入を防止しております。また、エレベーターホールでは全入場者・退出者を監視カメラによって記録し管理しております。

秘密保持

業務秘密管理規定を設け、秘密情報の漏洩防止に努めております。
社員は、就業規則において秘密保持の義務を負うのはもちろん、会社に対する秘密保持契約書の提出も義務づけられています。

ISO/IEC27001 認証

アズテックでは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「 ISO/IEC 27001 」の認証を全社にて取得しています。ISMS(ISO27001)は、「Information Security Management System」の略で、セキュリティを確保する管理体制の確立を目的としたものです。

該当基準 ISO/IEC 27001:2013
JIS Q 27001:2014
登録番号 IS 586801
事業者名 アズテック株式会社
事業/業務名 特許文献及び非特許文献の内容の調査・分析
初回登録日 2012 年 10 月 15日
有効期限 2018 年 10 月 14日
適用範囲 全社に適用
情報セキュリティ基本方針
初版:2012年5月1日

目的:
 当社は顧客の知的財産に関わる立場として情報セキュリティに対する顧客からの高い要求に応え、以て当業者として相応しい信頼を得るべく情報セキュリティを重要な経営課題として認識し、当社全体としてこの課題に取り組む事とする。
 上記観点から、当社内の情報資産を適切に取扱い、故意や過失の別なく漏洩や改竄から保護する指針として、本基本方針を策定し、実施、推進する。

基本原則:

  1. 当社が守るべき情報
    • 顧客(企業・団体等)に関する機密情報。
    • 弊社業務ノウハウ及び業務マニュアル。

  2. 認識する主な課題
    • 不正アクセスによる情報流出。
    • 部外者による物理的手段による情報流出。
    • 社内就労者の故意または過失による情報流出。
    • その他、業務遂行上想定される情報セキュリティ上の問題のうち、十分な費用対効果を望める対策が存在する課題。

  3. 対策方針
    • 別途定める「ISMSマニュアル」に基づき、情報セキュリティとして適切な対策を実施し、情報の取扱いに厳重な注意を払う。
    • 顧客に信頼を提供するための対策を、業務遂行と矛盾しないように実施する。
    • 社内就労者が背任行為を行いにくい環境を創出する。
    • 法令・規制・顧客との契約に対してこれを遵守する。

  4. 教育
    • 社内就労者の意識向上を図り対策を徹底するため、必要な教育を実施する。

  5. 改善
    • 情報セキュリティの点検、見直しを定期的に行い、情報セキュリティ確保への継続的な改善に努める。

以上

代表取締役社長 小倉 正二